KiCAD「旧Ver.ライブラリー」を手動追加する

KiCADをVer.6シリーズにアップデートした後「自作のライブラリーが無い!」と言う事態に陥った事はありませんか?

筆者は仕事柄頻繁にオリジナルライブラリを作成しているのですが、はじめてVer.6への移行を行った直後に大半が自動移行されず、半日前後パニックになりながらファイル移行していました。

ただし、要領が分かってしまえば簡単な作業で移行できるので、今回はライブラリーの移行を手動で行う手順について解説します。

各種ライブラリーを手動で追加する

KiCAD公式サイトからインストールファイルを入手して新規インストールする際にはライブラリーの移行が同時に行われます。

ただし、ほとんどのライブラリーは新しいファイルに置き換えられインストールが進んでいく為、特に個別にダウンロードしたものや新規に作成したライブラリーは手動で追加していく必要があります。

分かり易い方からと言う事で、フットプリントのライブラリー追加を先に解説します。

KiCAD起動直後のウィンドウ上部のメニューから「設定」-「フットプリントライブラリーを管理」の順にクリックして管理ウィンドウを開きます。

こちらの手順そのものは簡単で、今まで通りライブラリー追加アイコンをクリックして、ライブラリーパスを指定します。

ライブラリーパスは特定のファイルではなく、フットプリントライブラリーを追加した際に生成されたフォルダを指定します。

KiCADユーザーにはおなじみの、プリティーなフォルダですね。

フットプリントについては、旧バージョンのライブラリーでもスムーズに追加できますが、回路図エディタ用のシンボルライブラリーはひと手間かける必要があります。

シンボルライブラリーはファイルの変換処理が必要

シンボルライブラリーファイルは、今回のVer.6になってファイルの拡張子が変更されました。

これにより、旧来のライブラリーファイルをそのまま新バージョンに読み込ませることが出来なくなっています。

こちらは新規インストール時に殆ど変換されずに新しいライブラリーを使う形になる為、過去の資産を引き継ぐ為にはファイルの変換が必要になります。

旧版ライブラリーを変換=移行処理して、最新バージョンでも引き続き使用できる様にしましょう。

「設定」-「シンボルライブラリーを管理」の順にクリックし、管理ウィンドウを開きます。

左下の「ライブラリーを追加」アイコンを押して、まずは従来通り旧版のlibファイルを追加します。

読み込んだ.libファイルを選択した状態で「ライブラリーを移行」ボタンを押します。

自動で変換処理が行われ.libファイルを読み込んだ行が自動生成された新しいライブラリーの.kicad_sysファイルに置き換わります。

自動生成されたファイルは読み込んだ.libファイルがあるフォルダと同一の場所に、同じ名前で拡張子が異なる新規ファイルとして保存されています。

この移行処理を行う事で、これまで蓄積して来たシンボルライブラリーも引き続き利用する事が出来ます。

ですが、過去記事「KiCADで「LIBRARY LOADER」を利用する。」等で紹介したような、ライブラリーローダーを使ったシンボルファイルの自動追加機能等は利用し続ける事が出来なくなっています。

このライブラリーローダーの利用は非常に便利だったので、このまま利用できなくなってしまうのは非常に勿体ないサービスです。

是非早期のバージョンアップ等で再び利用できる様になって欲しいものです。

現在これらの未対応ライブラリーへの対応方法やプラグイン対応についても継続して調査していますので、分かり次第再度まとめて追加投稿したいと思います。

ABOUT KiCAD MASTER

KiCADの達人
KiCAD歴15年程度。雑誌記事や教育用テキストの執筆経験等複数あり。私大電気電子工学科での指導とフリーランスエンジニアを兼業しながらFab施設の機器インストラクターや企業セミナー講師を歴任し、KiCADの普及と現代の働き方に対応した技術者育成に務める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。