KiCADで「LIBRARY LOADER」を利用する。

「PCB Part Library」の入手

今回はKiCADのパーツライブラリを便利に使える様にするチューニングの方法として、「PCB Part Library」のセットアップと関連付けについてご紹介します。

「PCB Part Library」は、DESIGNSPARKのWEBサイトから提供される回路設計用の各種シンボルデータを入手できるサービス及びそのツールになります。

本来は同サイトから提供されている回路CAD「DesignSpark Electronical」用のサポート環境として始まったものですが、KiCADにも対応できる設定を行う事が出来る様になっています。

まずはリンクからWEBサイトに移動して、利用者登録をしましょう。

https://www.rs-online.com/designspark/home

画面が表示されたらまずログインして、次に右側の青い本の絵「Samacsysパーツファインダー」をクリックしてリンク先に移動します。

画面が移動したら、右側の青いボタン「LIBRARY LOADERをセットアップ」を押します。

クリックすると、PC上にセットアップ用ファイルが圧縮形式でダウンロードされます。

「Library Loader」のインストール

このファイルを解凍すると、二つのフォルダが作成されます。

左側は「Altium」というPCB設計ツール専用のセットアップファイルになります。

通常は右側の「Library Loader」フォルダを開いて、中のインストーラーを実行します。

ここからはしばらくセットアップウィザードの通りに進めていきます。

インストールが終わり「Close」ボタンを押すと、デスクトップに起動アイコンが作成されます。

「Library Loader」側の設定

起動すると初期設定のウィンドウが自動的に開きますので、必要事項を入力していきます。

  •  Title : 「Mr」か「Ms」か「Dr」を選択
  •  First/Last Name : 氏名を入力
  •  Company : 企業名を入力。個人利用であれば「Personal Use」でも入力できました。
  •  Job Role : 業種を選択
  •  Country : 国を選択
  •  State/Country : 上記Countryで日本を選ぶと、都道府県を選択する欄になります。
  •  Town/Village : お住いの市町村を選択する欄になります。
  •  Email(User Name) : DESIGN SPARKでユーザー登録したE-Mailアドレス
  •  Password : DESIGN SPARKで登録したパスワード
  •  Confirm Password : 上記パスワードをもう一回入力
  •  Public Alias : ハンドルネーム等、表示しても良い名前
  •  Your ECAD Tool : ダウンロードして使用したい回路CAD(ここではKiCADを選択)

入力が終わり、Registerボタンを押したら、次に「Settings」ボタンを押します。

特に、上記マーカーで記した部分は、ユーザー登録した情報と異なる内容を登録するとファイルのダウンロードが出来なくなりますので注意して下さい。

初期設定の次は、ダウンロードファイルの保存先を決める画面に移ります。

ウィンドウが表示されたら、ダウンロードするファイルを保存するフォルダを選択してください。

「Browse」ボタンを押して、ファイルを保存するフォルダを指定してください。

このフォルダの中に、各種パーツデータが追加されるライブラリファイルが生成されますので、管理のしやすい所にフォルダを作っておくと良いでしょう。

フォルダを選択し、下の4つのファイルが生成された事を示すメッセージが表示されたら、Optionメニューの「Show Library Import Instructions」のチェックを外して、OKボタンを押します。

このチェックを入れたままにしておくと、ファイルをダウンロードする度に英語の説明ページが開く様になりますので、不要であればチェックを外しておいた方が良いと思います。

library Loaderのセットアップは一旦ここまでになります。

KiCAD側の設定

次は、KiCAD側の設定を行って、生成されたLIBRARYを読み込める様にします。

最初はシンボルライブラリを読み込める様にしましょう。

KiCADを起動したら、コンポーネントライブラリエディタを起動します。

エディタを起動したら、「ファイル」-「ライブラリを追加」の順にクリックします。

先ほどのセッティングで指定したフォルダの中に「SamacSys_Parts.lib」ファイルがありますので、これを選択して「開く」ボタンを押します。

続けてライブラリの使用範囲を「グローバル」か「プロジェクト」のいずれか選択します。

基本的にはグローバルを選択して、色々なパーツデータを利用できる様にしておきましょう。

設定が終わると、エディタ画面左側に並んでいるライブラリのリストに「SamacSys_Parts.lib」が追加されています。

同時に、回路図エディタのシンボル配置ウィンドウでも、ライブラリが読み込める様になっています。

続けて、フットプリントのライブラリも読み込める様に設定します。

フットプリントエディタを開き、先ほどと同様に「ファイル」-「ライブラリーを追加」の順にクリックします。

ライブラリファイルが生成されるフォルダを指定するウィンドウが開きますので、Library Loaderのセッティングで生成された「SamacSys_Parts.Pretty」フォルダを指定して「フォルダーの選択」ボタンを押します。

ライブラリの使用範囲を選択するウィンドウが開きますので、基本的にはグローバルを選択して「OK」ボタンを押しましょう。

これで、フットプリントも「SamacSys_Parts」という名称のライブラリに追加して読み込む事が出来る様になりました。

以上で、KiCAD側の設定も完了です。

ライブラリにパーツデータを読み込ませてみる

最後に、実際にライブラリにパーツデータをダウンロードして追加してみましょう。

パーツファイルの検索とデータ入手は、DESIGNSPARKのWEBサイトから行います。

「Search」ボタンの上に型番やキーワードを入力する欄がありますので、ここに検索したい情報を入力して「Search」ボタンを押します。

今回は、Bluetoothオーディオモジュールの1つである「RN52」を探してみます。

暫く待つと検索結果が表示されますので、ダウンロードしたい部品の「Status」欄にあるマークをクリックします。

クリックするとシンボルとフットプリントのプレビューが表示されますので、問題無ければウィンドウ下の「DOWNLOAD ECAD MODELS」ボタンをクリックしてファイルをダウンロードします。

ダウンロード後、KiCADを起動すると回路図シンボル、フットプリントが読み込まれていますのでこれを回路図、PCBの設計に利用する事が出来ます。

尚、ライブラリへのデータ追加と同時に圧縮ファイルも別途ダウンロードされます。このファイルについては特に気にする必要はないのですが、Windowsであればデフォルト設定ではダウンロードフォルダに保存される様になっており、使用を続けて色々なパーツをダウンロードしていくと大量の圧縮ファイルがダウンロードフォルダに溜まって行く事になります。

Library Loaderを起動すると、「Downloads Folder」を設定する項目がありますので、必要に応じて管理しやすい別のフォルダを指定しておく事が出来ます。

以上の流れでDESIGN SPARKのLIBRARY LOADERをKiCADで使用する事が出来る様になりました。

次回は、更に「オリジナルのシンボルを作りたい、フットプリントを作図したい」場合に使用する、各シンボルエディタの使い方について説明したいと思います。

ABOUT KiCAD MASTER

KiCADの達人
KiCAD歴15年程度。雑誌記事や教育用テキストの執筆経験等複数あり。私大電気電子工学科での指導とフリーランスエンジニアを兼業しながらFab施設の機器インストラクターや企業セミナー講師を歴任し、KiCADの普及と現代の働き方に対応した技術者育成に務める。