KiCAD Ver.6.0.7 リリース

2022年7月27日に「KiCAD6.0.7」がリリースされました。

Ver.6シリーズが提供開始されて以来、実に多くの重大な問題が報告され、開発チームも対策を続けています。

バージョンアップの主体はフリーズ/クラッシュ対策

今回のバージョンアップもその内容のほとんどがバグ対策で、各エディターの操作でソフトがクラッシュする問題を中心に修正が行われています。新しく機能が追加、更新された項目はほぼありません。

まずは各エディター毎に目立った変更点を、その次に最近やってある程度の効果が実感できた対策をいくつかご紹介します。

「プロジェクトマネージャー」の修正点

「プロジェクトマネージャー」

グラフィック表示に使用しているOpenGL利用による問題が修正され、シャットダウン時にプロジェクトがクラッシュする事例が解消されたそうです。

幸運にも、プロジェクトマネージャーからのクラッシュという事態には未だ遭遇した事が無いのでどんな問題が起きるのか確認していませんが、開発チームは問題を確認して修正したという事です。

「回路図エディター」の修正点

操作中にシンボルの定数やラベルが消滅するバグがありましたが、こらも修正されているようです。

操作中にシンボルの定数やラベルが消滅するバグがありましたが、こらも修正されているようです。

編集中に発生すると致命的だったバグとして、ライブラリエディターからシンボルを追加するタイミングでクラッシュが発生する問題についても、ようやく開発チームが認識した様で修正が加えられています。

同時にシンボルエディタも表示が更新されないバグや一部の名称登録が出来なくなる問題が修正されています。

「PCBエディター」の修正点

ゾーン編集やプロパティをキーボード入力する際に生じるクラッシュの修正が行われました。また、Pythonスクリプト周りにも修正が加えられ、描画ミスが起きる症状などが改善されています。

ゾーン編集やプロパティをキーボード入力する際に生じるクラッシュの修正が行われました。また、Pythonスクリプト周りに修正が加えられています。

特にキーボードやマウス操作によって一括編集を行う場合に起きるフリーズは修正が加えられている様で、まだ万全ではない様ですが操作性には改善がみられます。

最新だから?日本語版だから?フリーズ対策紹介

次に、フリーズ対策に実際に試してみて一定の効果があったものについてご紹介します。

「GPUのハードウェアアクセラレーションの設定を変更する」

これはどの場合でも効果があるというものではなく、

「外出先でノートPCにモバイルディスプレイを増設してKiCADを使用している」

といった様な環境下でフリーズが多発する際の対策です。

KiCAD以外にも他の3D-CADなどGPUを使用するソフトウェアで同様に描画が不安定になるといった症状が起きている環境の場合には有効な方法となります。

エクスプローラーで「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\kicad」のフォルダ内にある「eeschema」ファイルをエディターで開きます。

並んでいる記述の中から

「canvas_type=1」

の記述を探します。これを

「canvas_type=2」

に変更して保存します。

この対策は先述の様にある程度限定された条件下での対策です、効果が無い場合もありますのでご了承ください。

「KiCADシリーズのクリーンインストール」

これまで歴代KiCADを使用し続けて来たユーザーには大変な作業になりますが、一度使用しているPCから旧バージョンのKiCAD全て(各種フォルダ含む)を削除し、クリーンな状態でVer.6シリーズをインストールします。

インストール後生成されるフォルダやファイル名に新旧で重複するファイル/フォルダが多く、起動時や編集作業時になんらかのエラーを誘発しているものと考えられます。

提供元の公式サイトでは基本的に「旧バージョンと新バージョンの共存利用は言及していない」事を考慮すると、出来る限りデータを引き継いで新バージョンに全面移行する事を推奨されているのだろうと考えられます。

旧バージョンのフォルダ内に蓄積されたファイル関係が膨大で今後も使用しなければならない場合は、バックアップを取るかフォルダ単位でリネームして全く無関係のフォルダ、データにして残しておき、後で再度紐づけするのも良いかと思います。

「(Windows10~11限定)MS-IMEを以前のバージョンにする」

何でこれがフリーズ回避の要因になるのかについては現時点で明確な説明が出来ませんが、既にコミュニティ内でも話題になっていて、日本語環境では一定の効果がある対策になります。

Windows画面右下のIMEの表示を右クリックして「設定」を選択します。

IMEの設定画面が開いたら「全般」を選択します。

画面が切り替わったら、下方にスクロールして

「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」

をONにします。

設定を行ったら念のためWindwosを再起動してKiCADを起動します。

Ver.6シリーズになって「日本語入力に対応した」事を改良点として紹介させて頂いたりもしましたが、どうも日本語環境、そして最新版のWindows11環境下の各種プログラムへの対応が追い付いていない様子です。

IMEを旧バージョンに切り替えるだけでも操作中のフリーズやクラッシュについて、筆者の環境ではかなりの改善が見られました。

現時点では以上の様な対策が有効でした。他にも設定などで対策出来る事が見つかった場合は順次ご紹介します。

参考までに、筆者がメインで使用しているデスクトップPCのKiCAD環境は以下の処置で大幅にフリーズする頻度を減らす事が出来ました。

  • グラフィックボードをPCに追加して、内蔵GPUから切り替え
  • MS-IMEの設定を変更
  • 過去のライブラリデータを一度バックアップしてクリーンインストール&再割当て

・・・これでフリーズ発生ゼロ、快適環境です!とは残念ながらまだ達成できていませんが、あとの問題は過去のプロジェクトファイル内に残る古いキャッシュデータが原因になっていたり、開発チームが修正を繰り返している各部の残存バグなのかなあ?と思っています。

PCもOSも進歩を続けている以上仕方のない事かとは思いますが

「古いPCでも安定して使える」

事が売り文句の一つだったKiCADですので、高機能なGPUや細かい環境設定が必須、といった方向には舵を切らないで欲しいなと個人的には願っています。

ABOUT KiCAD MASTER

KiCADの達人
KiCAD歴15年程度。雑誌記事や教育用テキストの執筆経験等複数あり。私大電気電子工学科での指導とフリーランスエンジニアを兼業しながらFab施設の機器インストラクターや企業セミナー講師を歴任し、KiCADの普及と現代の働き方に対応した技術者育成に務める。