回路図エディターを使用する(Ver.6版)

今回はKiCAD Ver.6シリーズの「回路図エディター」について解説します。

回路図エディターは、PCBを設計する場合に限らずあらゆる電子機器を作る上で必要になる「回路図」を描くツールです。

横配置から縦配置に変わったプロジェクトウィンドウ

KiCAD起動で開くプロジェクトマネージャーウィンドウから最初にプロジェクトを作成しておきます。ウィンドウにプロジェクトが読み込まれた状態で、縦に並んでいるアイコンの一番上にある回路図エディターのアイコンをクリックして起動します。

新しく作成したプロジェクトでは、何も描かれていない図面枠だけが表示されたファイルが作成されています。

尚、それぞれのエディターを実行する際に読み込まれる図面ファイル、PCBファイルはプロジェクト名と同じ名前のファイルが自動的に生成されています。

この図面内に回路を描いていきます。回路図を描いていく前に、この図面枠の情報を編集しておきます。メニューバーから「ファイル」-「ページ設定」の順にクリックしてページ設定ウィンドウを開きます。

入力項目が増えた「ページ設定」メニュー

ここで用紙のサイズと向き、右下のエリアに記述する情報などを入力する事が出来ます。

Ver.6シリーズになって新しくなった点の一つに、図面枠のプロパティに日本語入力が出来る様になった点があります。

また、コメント入力欄が旧版4個に対して9個迄入力できる様になっています。

但し、標準の図面枠では表示できるコメントの数は従来通りのコメント4までになっていますので注意しましょう。

回路図を描く図枠の準備が出来たら、次に回路記号を配置していきます。

シンボルの読み込みには大きな変化はなし

エディター画面右側に並んでいるアイコンの上部にある、回路記号マークのアイコンをクリックします。

最初にクリックすると自動的にKiCADのシンボルライブラリが読み込まれて、使用するシンボルを選択するウィンドウが開きます。

バージョンアップの際のコメントを呼んでいると、シンボル読み込みの際のスピードが上がっているとも受け取れる記載もあったのですが、筆者の環境では殆ど変わらないか、描画規模の大きなプロジェクトで読み込んだ場合むしろ遅くなったか?といった感じがする時もありました。高速化については現時点ではあまり期待しない方が良さそうです。

ウィンドウの左上には検索用のキーワード入力欄、その下に現在読み込まれているライブラリが表示されます。右側には選択されたシンボルのプレビューが表示され、一番下の欄にはそのシンボルのプロパティを表示する事が出来ます。

キーワードの入力や候補一覧をスクロールする等して、使用したい回路記号を選び出します。

一例としてフィルター欄に「LED」と入力してみます。すると、LEDの文字が含まれる、あるいはプロパティ内にLEDという文字列があるシンボルの候補が下の欄に表示されます。

候補のシンボル名をクリックすると、右側の欄にシンボルのプレビューが表示されます。シンボルを確認しながら使用したい回路記号が見つかったらウィンドウ下の「OK」ボタンを押すか、ライブラリ中のシンボル名の上でダブルクリックします。

エディターの編集画面に、先ほど選択したLEDのシンボルが読み込まれました。

この時点ではシンボルが青く縁取られて選択中を示した状態になっており、マウスで自由に移動する事が出来ます。回路図中にレイアウトしたい場所、又は任意の場所でもう一回クリックして、図面枠に配置します。

これでシンボルが一つ配置されましたが、マウスのカーソルはシンボル追加モードのままになっています。

このままもう一度左クリックすれば次のシンボルを追加するウィンドウを開く事が出来ますが、シンボル追加を終了したい場合は画面右側の矢印アイコンをクリックするか、キーボードの「ESC」キーを押してシンボル追加モードを終了します。

シンボルを読み込んだら、編集したいシンボルの上にカーソルを移動させて右クリックします。

シンボルの上にサブメニューが開きますので、回転や反転、プロパティの編集など必要に応じて行って下さい。

シンボルと同様に「電源ポートの追加」

シンボル間を接続する「ワイヤーを追加」等を使用して回路図を描いていきます。

複雑な回路図になれば「バスを追加」「グローバルラベルを追加」等も使用して下さい。

これらの機能を使って、回路に必要なシンボルを読み込んで、回路図を描きます。

KiCADに標準で登録されているライブラリ内のシンボルは、IEC規格の図版を基準とした一般的に使用されそうな電子部品を選んで準備されている為、一般的な回路図であれば標準ライブラリに登録されている範囲の記号だけで描く事が出来ます。

ライブラリに無いシンボルは「シンボルエディター」で追加していくか、従来の様に外部ライブラリを追加する事で対応する事が出来ます。

外部ライブラリ追加への対応はこれからに期待

従来バージョンでは非常に便利に使用できていた外部ライブラリとして「PCBパーツライブラリ」がDESIGNSPARKのWEBサイトから提供されていましたが、この記事を書いている時点でVer.6シリーズには対応していません。

これは従来バージョンとバージョン6でライブラリファイルの書式や読み込み処理の手順が変わっている事が原因の様ですが、願わくばどちらかのバージョンアップで早期に対応して頂けたら使い勝手の低下が防げるのでぜひお願いしたい所です。

WEBサイトURL:https://www.rs-online.com/designspark/pcb-part-libraries-jp

ABOUT KiCAD MASTER

KiCADの達人
KiCAD歴15年程度。雑誌記事や教育用テキストの執筆経験等複数あり。私大電気電子工学科での指導とフリーランスエンジニアを兼業しながらFab施設の機器インストラクターや企業セミナー講師を歴任し、KiCADの普及と現代の働き方に対応した技術者育成に務める。