KiCADの入手とインストールについて

今回はお待たせしました回です。
3回目にしていよいよKiCADの入手とインストール、初回の環境準備について解説していきます。

KiCADインストーラーの入手

最初にKiCADの入手についてです。
解説本や電子工作関係の付録DVDに収録されていたりする事が比較的多いKiCADですので、そういったルートから入手するのも良いと思います。
但し、出版物に収録されているモノの多くは収録バージョンが古いものが多く、特に「バージョン4.*.*」のシリーズは現在のバージョン5シリーズと動作に必要な環境が異なる為、可能ならば「バージョン5.1.*」以上のKiCADを入手する様にしましょう。
インターネット経由で入手する為に、WEBブラウザで「kicad」と検索します。

大体の場合で「KiCad EDA」が検索結果のトップに出てくると思いますので、こちらをクリックしてWEBサイトに移動します。

画面上部中央の「Download」と書かれている青いボタンをクリックします。

ダウンロード画面に切り替わり、使用OSを選択する様になっています。世界中で使用されている、様々なOSで動作する実行ファイルが用意されていますが、日本国内では並んでいるシンボルの上3つ、Linux、MacOS、Windowsのいずれかを選ぶ人がほとんどだと思います。


ここではWindowsのシンボルをクリックして先に進みます。

リンク先が開くと、Windows 64Bit版対応のファイルがダウンロードできるサーバーの候補が表示されます。
基本的には「WorldWide」のOSDNか、欧州のサーバーを選択すれば問題なくファイルダウンロードができると思います。

サーバーを選択してクリックすると自動的にダウンロードが始まります。本記事執筆時点で最新バージョンはVer5.1.10、Windows版で約1.2GBのダウンロードが行われますので、通信回線が途切れない様に注意して下さい。

ダウンロード開始と同時に、開発チームへの寄付を呼び掛けるページが開きます。
支払いは必須ではありませんが、今後の開発や安定運用を維持する為に開発チームへ応援頂ける方は是非ご検討頂ければ幸いです。

KiCADのインストール

ダウンロードが終わったら、保存されているインストーラーをダブルクリックしてインストールを実行します。


特に必要が無ければ、インストール作業はインストーラーの指示通りに進めて頂けば問題なく進められると思います。

インストールが完了すると、デスクトップにKiCADのアイコンが作成されます。

アイコンをダブルクリックすると管理画面が開きますので、プロジェクトファイルを作成して設計が始められる状態にしましょう。

KiCADを起動し、プロジェクトファイルを作成する

KiCADが起動したら、図の様な管理画面が開きます。

管理画面の「ファイル」をクリックします。
「ファイル」-「新規」-「プロジェクト」の順にクリックして、プロジェクトファイルを保存する場所を選択、名前を決めてファイルを保存します。

プロジェクトファイル名でフォルダが作成され、フォルダの中に2つのファイルが作成されます。
1つは回路図エディタのファイルで、開くとデフォルト設定の図面枠だけが描かれた画面が表示されます。

もう一つのファイルを開くと、プリント基板エディタの編集画面が表示されます。

中央の編集画面が真っ黒で見づらいですが、回路図エディタと同様に赤い線でデフォルト設定の図面枠が表示されています。

起動が確認できたら、それぞれのエディタで必要な部品のリスト「ライブラリ」が正常に読み込みできているかを確認します。
回路図エディタの画面から「設定」-「シンボルライブラリを管理」の順にクリックし、シンボルライブラリの管理画面を開きます。

管理ウィンドウが開き、画像の様に沢山のライブラリファイルが読み込まれチェックボックスにチェックが入っていれば取りあえず最初の確認は完了です。
これらのライブラリは、プロジェクトを最初に開く際に読み込みが行われる為、読み込み時間で少々待たされることもがありますが、後々使い込んでいく中で不要なライブラリを整理する等で読み込み効率の向上を図る事もできます。

プリント基板エディタについても、同様に「設定」-「フットプリントライブラリの管理」を選んで、同様にライブラリが読み込まれている事を確認します。

もし、各エディタでライブラリの確認を行った結果正常に読み込みが出来ていなかった場合は、手動でライブラリの追加を行う必要があります。
ライブラリの入手についてはインストーラーを入手した時と同じ様にKiCAD EDAのWEBサイトへ行きます。
Downloadボタンの向かって右隣に「libraries」のボタンがありますので、これをクリックしてリンク先へ移動します。

バージョン5シリーズ用に3つのライブラリがダウンロードできる様になっていますので、必要なファイルを選択し、リンク先の説明に従いダウンロードして入手してください。

各エディタのライブラリは電子部品の性能や形状を示した重要なファイルです。沢山のメーカや販売会社が便利なライブラリセットを公開してくれていますが、初めて使用するライブラリからシンボルやフットプリントを利用する時には、念のため部品の仕様書を取り寄せて一度はその仕様に相違が無いか確認する様にした方が良いでしょう。

次回は、国内で使用する際にお勧めしたい追加ライブラリの案内と、回路図エディタで実際にサンプルの回路を描いていきたいと思います。
宜しくお願いします。

ABOUT KiCAD MASTER

KiCADの達人
KiCAD歴15年程度。雑誌記事や教育用テキストの執筆経験等複数あり。私大電気電子工学科での指導とフリーランスエンジニアを兼業しながらFab施設の機器インストラクターや企業セミナー講師を歴任し、KiCADの普及と現代の働き方に対応した技術者育成に務める。