コンテンツマネージャーの紹介(その1)

今回はVer.6シリーズから本格実装された「プラグインとコンテンツマネージャー」を解説します。

プラグインとコンテンツマネージャー

アプリケーションを開くと、現在公式経由で提供されているプラグイン、ライブラリー、エディターのカラーテーマがタブで分けられています。

読み込まれたリストの中から、KiCADに必要なファイルをダウンロードして利用する事が出来ます。

「プラグイン」については別記事に分割し、今回は「ライブラリー」と「カラーテーマ」について説明を進めていきます。

エディター用各種ライブラリー

  • キースイッチKiCADライブラリー

このパッケージには、一般的なキーボード スイッチのフットプリントが含まれています。

Cherry MX または同等品の、盤面又はPCB実装用スイッチ

アルプス/マティアス製品または同等品

Kaih社 Choc ロープロファイル スイッチ (バージョン1)

Kaih社のホットスワップソケット Cherry MX スイッチ同等品

  • KiCAD用代替ライブラリー

標準ライブラリーの代替を目指した、手作業で組み立てる際の参考にある情報が追加されたフットプリントライブラリーになります。

確認したところ、確かに標準ライブラリーには無い部品や解説が追加されたシンボルなどもあるので、電子回路の勉強をしながら設計をしている人や、教育機関で授業用資料を作る目的などには効率アップが図れるかな、といった印象を持ちました。

  • 4ms KiCADライブラリー

アナログおよびデジタル (DSP) オーディオ用電子部品のシンボル及びフットプリントライブラリー。海外で流通している部品がメインなので日本メーカーの部品など反映しきれていないシンボルもありますが、KiCADユーザーの中で一定数の勢力を有するオーディオ機器の設計分野に着手する人はインストールしておく事を推奨します。

  • 汎用シンボルライブラリ

IEC/IEEE/ANSI/GOST/DIN/EN/GB といった国際規格とほぼ互換性を持った汎用シンボルライブラリーです。

設計用はもちろん、様々な技術資料において見覚えのある回路記号がそのままシンボルとして利用できます。

  • Elektuur スタイル/シンボルライブラリー

1970 年代後半に導入された電子回路記述に用いる回路記号のシンボルライブラリー(1990 年代前半には新規格の回路記号が用いられる様になっています)。

いわゆる「旧JIS」と呼ばれる電子回路記号もこちらに含まれています。ただし海外規格を基準にしたシンボルなので、旧JIS記号の全てがそのまま網羅されている訳では無いのでご注意ください。

  • オープンインプットライブラリ

このパッケージには、光学センサーやスイッチ等の入力デバイス関連コンポーネントのフットプリントとシンボルが含まれています。

ロボットやIoT機器等で、光学センサーや入力機器を頻繁に設計に取り入れている人はインストールしておいた方がいいかと思います。

  • KiKitライブラリー

Pythonプラグインツール「KiKit」を使用する際はこのライブラリーもインストールして使用します。

以上が2022年8月時点でコンテンツマネージャーから追加できるシンボル、ライブラリーになります。

別途手動で追加できるファイルもこれからVer.6シリーズに対応したものが順次出てくると思いますが、コンテンツマネージャーとして手軽に追加/削除ができる様になったのは有難いです。

後はこれまで世界中で提供されてきた追加プラグインの数々が早く公式経由で提供される様になる事を期待したいと思います。

エディターの配色を変更する「カラーテーマ」

次に、エディター画面の配色を一括変換する「カラーテーマ」について解説します。

  • Solarized Lightテーマ

Ethan Schoonover の Solarizedカラースキーム(ライトモード)に基づいた配色になります。

Solarize配色は多くのエディター等で採用されている配色で、見やすく眼への負担が少なくなる様設計されているそうです。

基本的には回路図エディター専用のカラーパターンなので、PCBエディターの表示は同じパターンにはなりませんので注意して下さい。

  • Black-Whiteテーマ

回路図エディターの画面が、印刷に適した白黒表示になります。

こちらも回路図エディター専用のカラーパターンとなっていますPCBエディターの表示は白黒にする事は出来ません。

  • Solarized Dark テーマ

Ethan Schoonover の Solarizedカラースキーム(ダークモード)に基づいた配色になります。ライトモードの明るさが目に負担になる方などはこちらがお勧めです。

  • Eagle Darkテーマ

旧Eagle CADのカラーテーマに近づけた配色になります。

Eagleの使用が長く見慣れた画面で編集したい、という方はこちらをどうぞ。

「Eagle Dark」テーマは、PCBエディター用のカラーパターンも用意されています。

  • wLightテーマ

 回路CAD「Altium」のカラーパターン(ライトモード)に近づけた配色になります。

Altiumはオーストラリアの企業が開発、提供しているEDA(Electronic Design Automation)になります。サブスクリプションによる期間利用も可能ですが、基本的には個人利用よりは業務用有償CADに分類されます。

  • Nordテーマ

デザイナーの方によるカラーテーマです。

見え方には個人差があるので何とも言えませんが、回路図、PCBエディター共に全体的にぼんやりと霧がかかったような配色になっていて、筆者の作業環境では少々見辛い印象を受けました。

  • wDarkテーマ

 回路CAD「Altium」のカラーパターン(ダークモード)に近づけた配色になります。

  • Gruvbox

汎用カラースキームGruvboxに基づいた配色になります。

  • Haritaテーマ

デザイナーによるカラーテーマ。シンボルは暗い色、ワイヤと値は青色、ラベルは赤色、選択したオブジェクトは鮮やかな黄色で表示されます。

回路図、PCBエディター両方にカラーパターンが用意されていますが、やはりこれも回路図エディター用のカラーパターンと考えておいた方が良さそうです。

これらのような表示カラーのカスタマイズパターンも提供されています。

画面の表示色は各エディターの設定メニューから切り替えられる他、個別に色の変更などを行う事も出来ます。

回路図エディターは「Black-White」で、PCBエディターは「Eagle Dark」でといった使い分けも出来ますので、お好みの画面設定で使いやすい環境を構築してみましょう。

ABOUT KiCAD MASTER

KiCADの達人
KiCAD歴15年程度。雑誌記事や教育用テキストの執筆経験等複数あり。私大電気電子工学科での指導とフリーランスエンジニアを兼業しながらFab施設の機器インストラクターや企業セミナー講師を歴任し、KiCADの普及と現代の働き方に対応した技術者育成に務める。