P板.comでも利用できる!「EMS」とOEM/ODMとは

今回はKiCADの使い方から少し離れて、開発した機器を製品化、量産する際に重要なキーワードとなる「生産の外部委託」について触れてみたいと思います。

外部委託生産「OEM/ODM」とは

企業の生産効率を上げる手法であったり、ベンチャー企業等に多いいわゆる「ファブレス企業」が製品を量産する方法として「外部委託生産」があります。委託側と受託側それぞれの担当範囲の違いによってOEM/ODM/EMSと、大きく三種類に分けられています。

多くの技術者が一番よく耳にする生産形態が「OEM(Original Equipment Manufacturing)」です。委託側が製品の図面や設計を用意して、受託側は製造のみ請け負う、委託生産の最も基本的な形態になります。

試作品等によって開発が完了し、生産だけを他社に委託する生産形態で、A社の製品をB社が生産し、A社が流通網で販売するスタイルになります。

委託側は生産に必要な設備や人材の確保をする必要が無く、製品の開発や改良に集中する事が出来ます。また、OEMの場合、生産数は都度調整する事が多く生産数のコントロールは委託側に主導権がある事も特徴です。

但し、委託側から生産品質やコストのコントロールが難しい事もあり、受託側が製造ノウハウを吸収して競合のOEM先になるリスクなども存在します。

次にスタートアップ企業等に適していると言われている生産形態が「ODM(Original Design Manufacturing)」になります。ODMの場合、製品のデザインや設計まで受託側が受け持つ事もあり、極端な話ですが委託側にノウハウや開発技術が一切なくても製品開発が可能になります。

一時期ハードウェアのスタートアップ起業家の話題を多く耳にした時期がありましたが、こういったベンチャー企業の場合ほとんどがODM生産を利用していました。

但し、ODMの場合先ほど挙げたメリット「ノウハウや技術が無くても開発可能」がそのまま致命的なデメリットにつながる事もあります。

ODMでも委託側にある程度の技術や知識は必要

ある時期、委託元が技術的なノウハウだけではなく流通や運用に必要な法基準等についても充分な知見を持たずにODM業者に生産を委託した結果、問題が解決されないまま流通してしまった商品で問題が続発、回収からそのまま販売停止になったという事例が続いた事がありました。

故意だったのか偶然が続いたのかはわかりませんが、今振り返ってみれば委託側に充分な技術力や知見があれば予防出来た様な事例ばかりだったのは間違いありません。

製品開発にODMを利用しようとする場合、受託側が技術的な認証や規制等について自主的に提案や対応をしてくるとは限らない、というリスクがある事を忘れてはならないと思います。

また、OEM受託事業者が自社工場内で生産する事が多いのに対して、ODMは受託事業者がその下に下請け工場をまとめて生産体制を整える事も多く、委託/受託というよりも開発パートナーの様な関係を構築して強力な生産体制を確保した巨大ファブレス企業も存在します。

更に最近では、フリーランスのエンジニアが開発、試作や製造用データの用意を請け負う事も多く、こういったフリーランサーが委託側、受託側どちらの企業と契約しているかでOEM/ODMの境界が曖昧になってきている一面もあります。

電子機器委託生産に特化した「EMS」

OEM、ODMという生産形態は自動車や家電等、色々な製品に対しても適用される表現ですが、電子機器の委託生産に特化した生産形態として「EMS(Electronics Manufacturing Service)」があります。OEMやODMと何か違うのか?と、混同される事も多いEMSですが、開発・生産までの流れや受託側の関わり方については確かにODMとよく似ています。

EMS最大の違いは生産個数が委託側で都度コントロールされるのではなく、ほとんどの場合が契約に基づくロット生産が行われる点が挙げられます。

また、製造以外にも流通過程もEMSメーカーが担当する場合もあり、より相互に踏み込んだパートナー関係を構築する事もあります。世界的に見ても大手EMSメーカーは台湾に集中しているのが現状です。

高度なデジタル機器開発に応えるEMSではあるけれど・・・

デジタル技術の高性能化が著しい現在では、特定のEMSメーカーに開発を完全委託して開発人員のコストカットに舵を切る企業が続出しています。

開発技術保有の有無で技術職の労働環境についても2極化が進んでいくのは良い事なのか悪い事なのか、技術者の端くれとしては少々不安を覚える状況ではあります。

ですが、現代社会においてはこの様な様々な生産方式があって、はじめて全世界へ電子機器の供給を成立させることが出来ているという事実は知っておいて欲しいと思います。

P板.comでも利用できる「EMSサービス」

ここまで説明が長く続きましたが、本ブログでも何度か紹介したP板.comでも電子機器の組立・生産のEMSサービスを提供しています。

個人規模で電子機器を少数製作する場合でもP板.comの各種サービスを駆使して実現する事が可能ですが、スタートアップ企業を立ち上げた方や副業、あるいは新規事業として製品開発が必要になった企業の方々は一度相談してみる事をお勧めします。

筆者もフルーランスのエンジニアとして、IoT機器の製品化に向けて企業さんとP板さんの間を繋がせて頂くといったお手伝いをした事もあります。

P板.comはケーブル作成、筐体加工等で国内外に多数の提携工場で構築されたネットワークを保有しています。

普段の試作や少数製作時の時に用意する設計データを揃えてからでも良いですし、ODM的な企画段階からでも相談に対応してくれます。

「基板を組み込むんだけど、筐体加工の仕方が分からない」

「どんなケーブルを使えばいいか判断が難しい」

こんなレベルで問い合わせ出来ないよな?と躊躇して開発が停滞する企業さんも多いと思いますが、P板.comのEMSサービスの問い合わせ窓口から連絡を送れば、とても丁寧に対応してくれます。

問い合わせフォームを見ていて「いやいや、ロット生産がEMSの基本なんだから学校法人から問い合わせとかしないだろう」と思う方もいるかと思います。

P板.comの製造委託サービスでは一般的なロット生産はもちろん、小規模ODM生産になる様な10台程度の少数生産にも対応してくれます。

最近の大学等の研究現場においては、IoTデバイスやロボット機器を開発する為、一度に数十個、場合によっては数百個のデバイスを製作する必要が生じる事があります。

CADやデジタル設計技術の進歩によって、アカデミックな分野においても、P板.comが提供する様な委託生産サービスがその研究を支える力になっています。

WEBサイトにはEMSサービスの製造実績の例も紹介されていますので、IoTデバイスの企画・開発を検討中の事業者様は一度WEBサイトをご覧になってみて下さい。

ABOUT KiCAD MASTER

KiCADの達人
KiCAD歴15年程度。雑誌記事や教育用テキストの執筆経験等複数あり。私大電気電子工学科での指導とフリーランスエンジニアを兼業しながらFab施設の機器インストラクターや企業セミナー講師を歴任し、KiCADの普及と現代の働き方に対応した技術者育成に務める。