KiCADからプリント基板を発注する/プリント基板センターPBの場合

今回はプリント基板製造サービス「プリント基板センターPB」を利用する際の手順について解説します。

プリント基板センターPB」を運営しているのは株式会社東和テックというプリント基板の製造、回路開発を主業務としている企業さんです。

国内では珍しい「製造企業が直接運営するWEBサービス」

ちょっと意外かも知れませんが、国内のプリント基板試作・製造サービスを運営している企業の場合、大半は全国に点在する製造業者と業務提携し、顧客からのデータ編集と案件管理を主業務とした管理会社と下請け企業に近い関係を構築する事が多いです。

日本国内での試作・少数製造の分野では海外企業と比較してやはり案件の絶対量が少なくなりますので、製造工場を有する国内企業の単独運営でサービスを維持するのは経営的に難易度が高い中、頑張っている印象です。

経営的に難易度が高い分、サービスを直線運営している場合は設計製造、品質管理まで社内に揃った体制を存分に利用した高品質なプリント基板製造が出来る強みがあります。

(株)東和テックではプリント基板の製造だけではなくプロジェクトへの技術者派遣又は設計請負、海外企業と提携する形で内部ソフトウェアの開発まで対応しています。個人開発や小規模な試作であればPBの製造サービスを利用し、副業や中規模以上の生産案件などは東和テックに問い合わせるといった二段構えの体制で対応してくれます。

あと、海外企業の製造サービスではよくある「利用によるポイントサービス」が、国内企業のサービスとしては珍しく提供されているのもプリント基板センターPBの特徴です。

オンライン見積サービスを利用する

ここからは、個人/小規模向け製造サービスになるPBのWEBサイト上でPWB製造の手順について進めていきたいと思います。

表示されたトップページ左側にある「オンライン見積」のボタンを押して、見積情報の入力ページに移動します。

尚、PBのWEBサイトでも会員登録をしなくても見積計算は出来ますが、計算結果を保存しておく為には会員登録が必要になります。

自動見積の情報登録画面が開いたら、上から順番に必要項目を入力します。

最初に製造コースと基板サイズを指定します。

コースは「試作」「リピート」の選択式で、層数は片面~最大8層までの中から選択します。基板サイズと製作枚数は数値を入力してください。

基板サイズと製造数量が決まったら、PWBの仕様を入力していきます。

PWBの素材と板厚、表面の仕上がりを決めるレジスト色等を選択していきます。

基材は「FR4(ガラスエポキシ)」「FR1(紙フェノール)」「High Tg材(Tg180 FR-4)」の3種類から選択します。

板厚は1.6mmの標準仕様、0.4mmまでの極薄板から3.2mmの厚板各種から選択します。

表面処理はパッド露出部分や端子部分の処理を選択します。基板端面に端子がある場合の金メッキ処理等もこちらで選択します。

レジスト/シルクスクリーンの塗布面と色も同様に選択して下さい。

プリント基板センターPBのサービスで選択できるレジスト色は「緑・赤・青・黄・白・黒」の6色からの選択式になっています。

面付けの選択は他社とはちょっと違う表現なので注意

続けて製造上の加工処理について仕様を決めていきます。

面付けはデータ通りの「無し(標準)」から20面まで選択することが出来ます。注意書きにも記載されていますが異種面付けを行う場合は選択が10面迄になりますので注意して下さい。

ミシン目、ルーターが設計したデータにある場合はそれぞれの項目から面付けされている面数で選択します。他社ではVカットやルーターは直線の本数で指定する事が多いのでここは注意が必要です。

部品面、半田面の導体層厚みは「35μm(標準)」と18μmと70μmの3種類から選択します。

更にアップロードするガーバーデータの書式を選択します。標準で拡張ガーバーが選択されていて、KiCADの出力データで特に問題は無い様です。

PWBと同時にメタルマスクの製造も依頼できる

選択項目の終盤はメタルマスクの製造有無や配線幅の仕様について選択します。

PWBを製造後、部品実装にリフロー処理をする為にはんだペーストを塗る場合があります。この作業を効率化する為に使用するのが「メタルマスク」と呼ばれる薄い金属板に穴が開いた治具になります。

PWB製造時に合わせてメタルマスクの製作を希望する場合は選択肢から希望するタイプを選んでください。

パターン幅、穴径、ランド径の最小値の項目は必要に応じて数値を入力して変更します。

KiCADのプリント基板エディターで標準設定から変更を行わずに使用している場合は、これらの項目は変更不要です。

以上の選択項目を設定する事で、PWB製造の費用見積を計算する事が出来ます。

ですが、自動見積のページにはまだ選択項目が残っています。

PWB設計依頼も同時に行える

この区分は「回路図までは描かれていてPWBの設計を込みで依頼したい」場合に選択、入力する項目になっています。

KiCADの回路図エディターで回路の描画は終わっていて、手動操作でネットリストの書き出しが出来ていれば、PWB上の回路設計からPWB製造までを一括して見積依頼する事も出来ます。

必要項目を全て選択、入力できたら「計算」ボタンを押します。

ボタンを押すと画面が切り替わり、製造コース毎に自動計算された見積金額が表示されます。

金額が確認したら、会員登録したマイページからガーバーデータをアップロードして発注を行う事が出来ます。

ガーバーデータとPOSデータ、送付するガーバーファイルの名称リストを用意してください。あとはPWBの仕上がり確認の為、外観寸法図を用意します。

KiCADの場合はプリント基板エディターで外形寸法をUSERレイヤーなどに入力して、実装手配の時と同じ要領で外形図をPDF出力して利用する事が出来ます。

基板製造用データはLZH又はZIP形式の圧縮ファイルで1つにまとめてアップロードできるものを準備します。

PWB設計も同時に依頼する場合に用意するネットリストをKiCADで準備してみます。

回路図エディターから「ファイル」-「エクスポート」―「ネットリスト」の順で選択して出力ウィンドウを開きます

ネットリストは標準のKiCADフォーマット以外にも、OrcadPCB2フォーマット、CadStarフォーマットも選択できます。

但し、PWB設計まで依頼する場合、ネットリストの内容確認の為に業者さんとのやり取りがそれなりの頻度で発生します。この時、使い慣れているKiCADのフォーマットから変換したネットリストを送ると、内容の確認で手間が二重三重に増える事がありますので注意しましょう。

愛好家よりはスタートアップ/創業に適したプリント基板センター

「プリント基板センターPB」国内製造業者による直接運営だけあってプリント基板の仕上がり品質は申し分なしです。少量製作の価格面ではどうしても海外の格安サービスと比べられると厳しい面があるのは仕方のない事ですが、試作後の生産、量産への移行等もスムーズに対応可能な所が国内企業によるサービスの強みです。

スタートアップや副業による製造等において、時差の無いコミュニケーションや製造用の調達部品を直接送付する等「地続きならではのメリット」を活かしたビジネスに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ABOUT KiCAD MASTER

KiCADの達人
KiCAD歴15年程度。雑誌記事や教育用テキストの執筆経験等複数あり。私大電気電子工学科での指導とフリーランスエンジニアを兼業しながらFab施設の機器インストラクターや企業セミナー講師を歴任し、KiCADの普及と現代の働き方に対応した技術者育成に務める。