KiCADからプリント基板を発注する/FusionPCBの場合

今回はKiCADで設計したプリント基板を海外業者に発注する場合の例として「FusionPCB」でプリント基板(PWB)を発注する手順についてご紹介します。

FusionPCBは、電子部品やマイコン周辺機器の販売で有名な「seeed studio」が運営しているプリント基板製造サービスです。

自社製品の設計開発ノウハウがプリント基板製造サービスにも生かされている為、安定した品質のプリント基板を安価に調達する事が出来るのが強みです。

名前が似ている事も一因なのかもしれませんが、最近人気の3D-CAD「Fusion360」と「autodesk eagle」で電子デバイスを設計製作する愛好家やスタートアップ企業などに人気があります。

FusionPCBでプリント基板を自動見積する

WEBサイトを開くと、画面左上に見積ページにすぐ飛ぶことが出来るタブとボタンが用意されています。

「今すぐ発注」と書かれていて一瞬躊躇しますが、リンク先は見積用の条件登録ページですので会員登録や様子見の見積でも安心してクリックする事が出来ます。

それでも心配な人は、少し下にスクロールすると基板種類毎の見積額の例が表示された見積ページへのリンクがありますのでこちらから移動しても良いでしょう。

表示されている基板種類別の金額例は、24時間毎の最も安価な見積事例が表示される様になっています。基板のサイズや詳細のデータは伏せられていますので、あくまで参考程度の数字だという事は忘れないで下さい。

リンクをクリックして製造/実装サービスの見積ページに移動します。

見積条件の入力ページが開きます。

他社サイトの見積ページに比べて、右側の見積計算表示が見やすい印象があります。

リンクを開いた直後でも既に見積額がいくらか表示されていますが、何も条件を決めていない段階での数字ですので無視して必要事項の条件入力に進んで下さい。

最初にガーバーファイルをアップロード

FusionPCBでは、最初にガーバーファイルをアップロードしてから各種項目を入力する流れになります。

KiCADで用意したガーバーファイルをzip形式又はrar形式で圧縮してアップロードして下さい。

ガーバーデータの準備については少し注意点があります。記事後半で説明しますので念の為最後まで目を通して頂けると幸いです

アップロードしたファイルが正常に読み込めたら、WEBサイト上でガーバービューワーを開いて内容を確認する事が出来ます。

更に、読み込んだデータを基にPWB製造用の各項目を反映して見積金額が自動で更新されます。このデータからの自動見積機能が非常に優秀なのもFusionPCBが人気な理由の一つではないかと思います。

ガーバービューワーで内容を確認して、金額も問題無ければ「カートに追加」ボタンを押して発注します。

これだけで作業が終わってしまう手軽さは他には無い便利さを感じますが、読み込んだデータから更に見積項目を編集したい場合は画面下の設定項目を編集します。

基本的には読み込んだガーバーデータから反映できる項目は「層数」、「寸法」、「最少穴径」、「最少パターン幅」の各項目になります。

それ以外の項目はFusionPCB標準仕様、又は最も安価になる構成が自動選択されていますので必要に応じて項目を編集して下さい。

主に変更する事になるのは製造枚数とレジスト色になりますが、あえて一つだけ残念な点として「シルクスクリーン色がレジスト色ごとに固定されている」事を挙げておきます。

シルク色については標準的なレジスト/シルク色の組み合わせで製造されるのでほとんどの人には大した問題ではないと思います。

ですが、筆者の仕事では時々「白レジストに黄色シルク」とか「緑レジストに黒シルク」といった特殊な組み合わせでのPWB製造が必要な場合がある為、その時は他社のサービスを利用する事になり勿体ないと思う事があります。

「製造枚数」については、海外勢業者ではおなじみの選択式になっており、最小で5枚から選ぶことが出来る様になっています。

上の画像だと、自動見積の画面を開いた時点で枚数が「10枚」になっており、そのまま計算されます。1辺が10cm未満の小サイズPWBの場合、製造枚数が5枚でも10枚でも見積金額が変わらない場合が多いです。少し余裕をもって製造しておきたい場合等は、金額が変わらない範囲で最大枚数を選択する事も検討した方が良いでしょう。

KiCADガーバー出力時の注意点

最後に、KiCADでFusionPCB用のデータを生成する際の注意事項について説明します。

この記事を作成している段階で「KiCAD Ver.6.0.7」のPCBエディターで生成したガーバーデータを何種類かアップロードしてみて特に問題は無かったのですが、FusionPCBの公式コメントで何点か出力時の設定について要望が出されているので説明します。

一つ目は「ガーバー拡張機能の選択」についてです。

PCBエディターでガーバーファイルを出力する為のオプション選択画面を開きます。

画面中の「ガーバーオプション」について、FusionPCBの技術ブログ等では

「Protelの拡張子を使用」をON

「拡張X2フォーマットを使用」をOFF

にする事が推奨されています。

拡張X2フォーマットに製造機器が対応していない場合がある、と言うのが利用として挙げられているので、念の為FusionPCBにオーダーする際には設定を変更しておいた方がいいかも知れません。

もう一つの注意点として、ドリルファイル生成時に「PTHとNPTHを一つのファイルにマージ」をONにする事が挙げられています。

これはKiCADの旧バージョンではチェックがOFFになっている事があり、最悪の場合基板上の穴が開かないという事態が発生する事があったので注意して下さい。

KiCAD Ver.6.0.7では標準で設定はONになっている筈ですが、念のため確認しておきましょう。

データに起因する問題については、データアップロード時にエラーが表示されたり、WEBガーバービューワーの表示に問題が起きる等の現象で確認する事が出来ます。詳細項目を編集する前に確認手順を省略しない様にしましょう。

この様に多少の注意点はありますが、WEBサイト上でのデータ自動反映やビューワー等の事前チェック機能が充実している「FusionPCB」ですので、長く利用している愛好家が多いのもうなずけます。

マウント部品や筐体製造も発注できるFusionPCB

また、周辺機器を製造販売している企業のサービスだけあって、デバイス製作時に必要なちょっとした補助パーツや筐体等についても同時に製造請負サービスが用意されています。

3D-CADで製作した立体データから「STLファイル」を生成すれば見積、製造発注を行う事が出来ます。

種類はSLA(光造形)、ナイロンなどの粉末成型、金属3Dプリント等から選べます。

国内の3Dプリントサービスと比べると選択肢は少ない印象ですが、電子機器用の部品製作であれば十分なラインナップが用意されています。

プリント基板だけの製造はもちろん、オリジナルの筐体や周辺パーツ迄一括で試作、小規模生産をなるべく安価に行いたいという方は、一度WEBサイトから見積作成してみる事をお勧めします。

ABOUT KiCAD MASTER

KiCADの達人
KiCAD歴15年程度。雑誌記事や教育用テキストの執筆経験等複数あり。私大電気電子工学科での指導とフリーランスエンジニアを兼業しながらFab施設の機器インストラクターや企業セミナー講師を歴任し、KiCADの普及と現代の働き方に対応した技術者育成に務める。