プリント基板の部品実装を発注する/PCBGoGoの場合

今回は、PWBから部品実装手配を海外業者に発注する事例をご紹介します。

本記事でご紹介する製造業者「PCBGoGo」を利用したPWB製造手配については別記事で紹介していますので、本記事ではPWB製作手配から続けて部品実装を発注する手順について説明していきます。

WEBサイトの自動見積ページから部品実装を見積登録する

PWB製造を見積、発注するまでの手順は別記事で説明した流れと同じで「PCBGoGo」のWEBサイト画面左上の「自動お見積もり」のリンクをクリックし、必要項目を入力していきます。

PWB製造に必要な項目を入力し終えたら、スクロールして画面下部にある「部品実装」のリンクをクリックして画面を開きます。

開いた画面に必要事項を記入していきます。

入力項目は「実装用部品の調達」「実装枚数」「部品種類毎の実装点数」を順次記入していきます。

部品調達は代理購入がお勧め・・・だけど!

海外製造業者による安価に製造できる恩恵を最大限に活かす為には、実装部品の調達は業者に依頼する事が推奨されます。

ですが最近は半導体調達の事情や特殊な部品に対応する目的で、日本から部品を送付して支給した部品で実装する事にも対応する試作業者も増えています。

但し、日本国内から海外へ、今回の業者等の様に中国に電子部品を発送する場合は物流面のリスクが多い為、輸出手続き等に慣れている方や企業団体以外は代理購入を任せてしまった方が良いと思います。

次に実装枚数と種類毎の部品点数を記入します。

PWBの製造と同時に実装見積を行う場合は、実装枚数はPWB製造枚数を最大としてそれ以下の枚数を指定する事も出来ます。

実装部品点数は「部品点数」「SMT点数」「DIP点数」の3つの項目があります。

どの項目も、PWB×1枚分の数字を記入します。もし複数の回路を面付したPWBデータを製造依頼する場合は、1枚のPWBにまとめてある面付け回路の合計の数量になります。

「部品点数」には、PWB1枚に実装する部品の総数を記入します。

「SMT点数」には、上記の「部品点数」のうち面実装(SMD)部品の数量を記入します。

国内業者の場合、SMD部品のパッケージ種類毎に更に細かい区分で使用点数を記入する事が求められる場合があります。今回紹介している「PCBGoGo」の場合は、SMDパッケージの種類はあまり気にせず総数で記入する事が出来ます。

「DIP点数」は、リード線を通して半田付けする様なDIP部品の点数を記入します。

コネクタ等の固定はんだピンが出ている物などはDIP部品としてカウントします。

部品点数を記入したら、PWBデータからの面付けの有無、実装面の選択を行います。

特に実装面の選択で片面/両面の選択を間違えない様にして下さい。

PCBGoGoの場合、データを送った後で業者がチェックを行い選択に間違いがあった場合は連絡をくれますが、業者によっては選択にミスがあっても連絡なくそのまま作業をしてしまう所も、未だに無くなってはいないという話も耳にしますので注意しましょう。

必要事項の選択、入力が終われば「見積作成」ボタンを押し、切り替わる画面でガーバーデータ、ポジションデータ、部品表(BOM)をアップロードして見積額の確認をしてもらい、金額を確認してから発注します。

アップロードするデータの用意

次に、アップロードする為のデータ作成についておさらいも兼ねて順番に確認していきましょう。

KiCADで設計を終えたPCBエディターを開きます。

この画面で「ファイル」メニューの「製造用出力」から「ガーバー」「ドリルファイル」「部品配置ファイル」「部品表」を生成します。

最初に「ガーバー」を選択して、必要なレイヤーを選びガーバーデータを保存します。

別記事で詳細は説明していますが「出力ディレクトリ―」はガーバーファイルだけを保存するフォルダを別途作成してそこにまとめて保存する様にします。

次に「ドリルファイル」を生成します。

ドリルファイルの出力フォルダはガーバーデータと同じフォルダを指定しても大丈夫です。

次に「位置情報ファイル(POSファイル)」を生成します。

POSファイルはこれまでのガーバーデータ、ドリルデータとは別のフォルダを作成して保存する様にして下さい。

データ保存用に2つのフォルダを用意しました。これらのフォルダはアップロード時にそれぞれzipファイルに圧縮して送付しますのでバージョン等の管理がし易い名称にして置く事をお勧めします。

部品表(BOM)は別途編集が必要

最後に、実装部品を確認する為の部品表(BOM)を保存します。

PCBエディターで「部品表」を選択してcsvファイルを生成してもファイルを作れるのですが、こちらで作られる部品表は部品番号とフットプリントの情報だけでリストが作られる為、実際に使用する部品のリストを作成する為には情報が不足しています。

製造業者に提供する部品表を作成する為の基にするデータが必要なので、回路図エディターのメニューからBOMファイルを保存する様にします。

このcsvファイルそのままでは製造業者が使用できる内容になっていませんので、もうひと手間を掛けて業者のフォーマットに合わせた内容のリストを作ります。

WEBサイトから業者のBOM書式を入手する

BOMリスト作成の為に「PCBGoGo」の部品表フォーマットを入手します。

WEBサイトの「部品実装サービス」メニューから「入稿データ一覧」をクリックします。

開いたページから「BOMの例をダウンロードする」をクリックして、リンク先のExcelファイルをダウンロードします。

画面下部に「座標データの例をダウンロードする」のリンクもあります。こちらからはテキストファイルで座標データの記述例が入手できますが、KiCADの場合は生成されたPOSファイルをそのまま送付しても問題なく対応して貰えました。

ダウンロードしたExcelファイルを開くと、上図の様な項目が用意されています。

回路図エディターから生成したBOMファイルから部品番号と数量、値や説明等は入力できますので、メーカーや型番、代替の可否等について記入します。

メーカーと型番を指定して代替を「否」と指定すれば指定した通りの部品が用意されます。

ですが、抵抗やコンデンサ、LED等受動電子部品の多くは性能互換の他メーカー品が多数存在しています。これらの部品は電子機器の世界でも「ジェネリックパーツ」と呼ばれる事もあり、代替可否の欄を「可」にすれば、業者の方で調達可能な性能互換部品に置き換えてくれます。

「PCBGoGo」の場合、受動部品以外の半導体等でも互換性のある部品であれば「代替可否:可」にすれば互換部品を探してくれます。その際にもメールでこまめに確認の連絡をくれるのでメールチェックを疎かにしない様にしましょう。

コストだけで判断するとリスクが隠れている事もある

ある程度の知識とコミュニケーションに苦手意識が無ければ、海外製造業者を利用したプリント基板製造は安価に小規模量産までを容易に行える手段としてとても有効です。

但し、昨今の半導体市場の激変の中で生産休止や新製品に総入れ替えが行われる等によって既存部品の調達が難しくなる事がまだ暫くの間は起きるつもりでいた方が良いと思います。

筆者は過去に中国の製造工場に部品を送付して多額の半導体部品を紛失された経験がある事から、日本国内から海外の事業者に部品を支給して製造してもらう選択肢には未だにちょっとした抵抗を感じる事があったりします。

小規模製造の場合は特に、コストの違いは圧倒的な影響を及ぼします。が、手間とコスト、それに紛失や漏えいといった万が一のリスクを天秤にかけて製造する規模に応じた業者を選ぶことも大切だと考えます。

ABOUT KiCAD MASTER

KiCADの達人
KiCAD歴15年程度。雑誌記事や教育用テキストの執筆経験等複数あり。私大電気電子工学科での指導とフリーランスエンジニアを兼業しながらFab施設の機器インストラクターや企業セミナー講師を歴任し、KiCADの普及と現代の働き方に対応した技術者育成に務める。